早めの対処で緑内障を改善~視力を失わないために~

眼精疲労

中年以後は目の定期検診を

自然

眼圧の上昇に注意

緑内障は眼球内部の圧力が上昇することにより、視神経に障害が発生する病気です。日本人の失明原因の第一位が緑内障とされており、放置しておくと深刻な影響が出ます。最近の調査によれば、40歳以上の日本人の約5%が緑内障にかかっていると言われています。しかも、患者のうち80%は病気に気づいていなかったというデータがあります。緑内障には急性のものと慢性のものがあります。急性のものは頭痛・吐き気・目の痛みを伴うため、比較的発見しやすいのが特徴です。慢性のものは徐々に視野が欠けていきますが、進行のスピードが遅いため、自覚症状がないまま重症化していくことも珍しくありません。ですから中年を過ぎたら、症状がなくても目の定期検査を受けることが大切です。

失明のリスクは減らせる

緑内障にかかったら視神経が壊れてしまうため、残念ながら失われた視野を取り戻すことはできません。将来再生医療が進歩すれば、視力は回復するかもしれませんが、現在のところは病気の進行を食い止めるのが最善の策です。治療には点眼薬や内服薬を用います。それでも治らないときは、レーザーや手術で眼に穴を開けて眼圧を下げます。白内障を同時に発症している場合には、合わせて手術をします。今後は高齢化が進むにつれて、緑内障の患者数も増えていくと予想されます。しかし医学も進歩しているので、昔ほど失明に直結する怖い病気ではなくなっています。できるだけ早期に発見し早期に治療することが、緑内障による失明のリスクを減らす手段になります。

新しい近視治療

先生

レーシックは、近視を治療する新たな手術方式です。眼鏡やコンタクトレンズなどの器具を使うのではなく、手術によって近視を治療します。東京にお住まいであれば、多くの病院から選ぶことができます。自分に合ったものを探せるように慎重に見ていきましょう。

Read More...

強度近視を治す時代に

女性

レーシック治療をすることで、長い間眼鏡やコンタクトレンズを使用してきた方々にとっては、裸眼での生活が送れるようになります。レーシックは多くの病院で受けられますので、自分に合ったものを選べるようにしましょう。

Read More...

レーシック手術

女性

レーシック手術は一般的に手術前の検査が1回、実際の手術に要する時間は両目合せても2〜3回程度、手術後の副作用も人によって最長で2〜3日程度目が染みるだけという負担の少ない治療法でありながら劇的に視力回復が図れるので近年では近視の治療法として一般化してきています。

Read More...